スポンサードリンク
最近の記事

2013年09月21日

セルコンのジルコニア、セルコンのジルコニアZ冠の違い

セルコンのジルコニアは、審美歯科のオールセラミックの中でも最も高価なイメージあります。ただ、格安の審美歯科でセルコンのジルコニアとは言っているものの、Z冠というセルコンのシリーズを使用してジルコニアが格安とうたっている審美歯科や歯科医院がありますが、普通のセルコンのジルコニアと、Z冠は全く違うものです。




ジルコニアは人工ダイヤモンド素材です。だから高価というイメージになって、Z冠のように100%ジルコニアの削り出しといううたい文句にとっても高価で良いものだというイメージをお持ちの方もいるのですが、逆に100%ジルコニアの方が安いのです。なぜなら、色味を調整する事が殆ど出来ないからです。




Z冠はかなりのっぺりした白さになります。ですから、もし、あなたがZ冠にしようか悩んでいるなら一点確認して頂きたいのですが、症例写真で前歯をZ冠で行っている人はいないはずです。前歯に使えるほど、精緻に本物の歯のようなものが作れるわけではないという事です。



つまりその白さで御自身の口の中に違和感なく溶け込んで本物の歯と見分けがつかない歯になるという事はほぼありません。かなり不自然になると思って頂いても良いでしょう。もちろん、セルコンのZ冠を取扱っている審美歯科や歯医者説明を聞いてお客様自身が納得がいくのなら、Z冠でも良いかと思いますが、そもそも奥歯のような見えない部分のプラスチックの保険の歯をオールセラミックの歯でキレイにしたいという場合にはZ冠では役不足です。




不自然さが保険のプラスチックの歯に比べてよくなるのか?と問われれば、不自然さは殆ど変わらないでしょう。もちろん色は真っ白ですが、歯の白さではない不自然なものです。もちろん、お客様が実際にセルコンのZ冠で製作された歯のサンプルを見て気に入るのなら、満足出来るでしょうから、気に入った場合には、それでも良いと思います。




つまりセルコンのZ冠は色づけが苦手なわけです。その点本物のような精緻なものが出来るのが普通のセルコンのジルコニアです。この点をお間違いなきよう、セルコンのジルコニアだから高品質で良いものなのだと思ってZ冠を即決しないようにして下さいね。




セルコンのジルコニアを使った審美歯科のオールセラミックの治療を安く受けたいという方は低価格の審美歯科サービスの詳細を確認して下さい→こちら







posted by 子連れでもオールセラミックの治療をしたい at 12:22| セルコン ジルコニア 低価格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。